【Uber Eats】大阪でウーバーイーツ!100回の配達を完了してみた結果|Uberレポート〜終章〜

UberEatsレポートTKの日常

【Uber Eats】大阪でウーバーイーツ!100回の配達を完了してみた結果|Uberレポート〜終章〜

 

ブログをサボりすぎたTK(@tkcompass_369)です!どうも

 

前回のウーバーイーツレポート④から今回のこのブログを書いている時点で、計100回以上の配達をしてきました


100回こなした過程で、スマホが壊れたり配達先の住所が違っていたり、小金持ちが住んでいるであろうマンションへの配達、身体に墨で絵画を描いている方への配達など、たった100配達で様々な経験をさせて頂きました

 

 

貴重な体験ができた事に関しては、Uber Eatsさんには感謝!

 

TK@南国369
TK@南国369

やってみたら案外楽しかった(笑)

今回は、100回配達の経験で知り得たこと感じた事をブログに記述し、皆さんに共有していきたいと思います

 

 

読み物としては大した価値は無い(笑)

 

それでも読んでくれた方には感謝!!

 

僕が100配達で分かった3つの大切な事!

まず始めに、100回配達でいくら稼げたのかを公開

ちなみに、僕はスキマ時間に配達をしていただけなので、Uber Eatsを専業にしたいという方には参考にならないと思います

 

それでは、稼いだ金額はというと

 

75時間28分で8万964円

 

時給にすると1000円ちょっと

インセンティブやプロモーションなどと言ったボーナス的な要素も加算されています

 

TK@南国369
TK@南国369

ベテランになると時給1500円以上も夢ではないらしい

8万は稼げたものの、配達用に購入した自転車の金額4万8千円を考えると何とも言えません(笑)

なので、僕のように自転車がなくスキマ時間に働く方には、安くレンタルできるシェアサイクルがオススメです!

 

それでは下記↓から本題に!

UberEats、やって分かった3つの大切なこととは?

閃いた男性

僕が「大切だな〜」と勝手に思うこと!

・焦りは禁物です

・笑顔は大切です

・自助努力は必須です

上記3つが挙げられます

他にも思うところがあるのですが、とりあえずという事で!

 

それでは、これらの大切な事について、僕が思うところをちょっと細かく説明

 

焦りは禁物です

配達員になって慣れてくると焦りが出てきます!

配達を始めた当初はUber Eatsのことをよく分かっていないので、何事も慎重に行動すると思うのですが、ある程度慣れてくると

 

赤信号で待つのが嫌になる

自分で制御できないスピードを出してしまう(自転車)

 

と言った事になる可能性があり、どれも

 

「早く配達回数をこなしたい」

 

と言った心理状況からくるものだと考えられます

 

TK@南国369
TK@南国369

車が来ないから信号無視していいのでは?

何度か思ったことがある(笑)

 

「早く配達回数をこなしたい」という心理状況では重大な事故に繋がることであります

 

事故を起こしてしまえば、お客様に配達ができない可能性がある事はもちろんのこと、自身が事故で働けなくなる事さえ考えられます

 

そんな焦りからくる心理状況を抑えるために、信号待ちの時は周りの景色を見てリラックス、スマホで配達先を確認する等で、焦る気持ちを抑えています

 

また

 

「道路のカドから人が飛び出してくるかも」

 

「車が方向指示器を出さないで曲がるかも」

 

と予め脳内シュミレーションをしながらだと、自転車のスピードを安易に出し過ぎる事はないのかなと

笑顔は大切です

相手に不快な思いをさせない、そのため笑顔が1番の武器であり誰でも使える人間が生まれながらに持っている能力です

 

笑顔がないムスッとした人からサービスを受けたいと思いません

 

スマイル0円

 

ただより怖いものは無い、良い印象を与えるだけで無条件で人の心を奪ってしまいます!

 

ただ、配達が遅れてしまったにも関わらず、笑顔のままだとお客様の怒りを買いますので注意が必要ですね

自助努力は必須です

初心者配達員の最低時給は300円〜400円ぐらいが多いかと思います

僕の場合がそうでしたから(笑)

 

慣れてくると、ある程度お店を覚え、信号に邪魔されない配達ルートを考え、自身の配達料金がアップする地域(シミと言われる特別報酬地域)に向かったりなどの工夫する様になります

 

考えて行動しなければ効率よく稼ぐことも出来ずに1日をキツイ労働で終わってしまう

苦しめるのも自分であり楽にするのも自分次第!

 

TK@南国369
TK@南国369

僕の最高時給は1500円ほどが限界でした。

 

どうやったら効率よくインセンティブを得られるのか、どうしたらお客様を満足させる事が出来るのかを考えるのもUber Eats配達パートナーの醍醐味の1つかもしれません

おわり

約1ヶ月ほど100回以上の配達をやって、僕が思った事をザッと書いていきました!

 

実際に配達をしている方がこのブログを見ると「まだまだだな!」なんて思う方もいると思います

その辺は大目に見てくれたら嬉しいな…

 

それでは、今日はこの辺で!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました