無職だから!知ることができた幸せ【職に就いている人は見ないほうがいい】

スマホをいじる無職TKの日常

無職だから!知ることができた幸せ【職に就いている人は見ないほうがいい】

こんにちは、TK(@tkcompass_369)です。

前の仕事は公務員、現在は自ら無職となりました。

世間一般的に無職は仕事をしていないので悪いイメージで持たれがちで、今後の人生にも影響があり、生きることに対するハードルが高くなるように思います。

 

無職になり、自ら人生の難易度を上げていって気づいたメリットやデメリットを記述していきます。

 

無職になって気づいたデメリットを淡々と書いていきます

モザイク無職

無職のデメリットにはどんなものがあるか、ある程度の予想はつくと思います。

デメリット1.お金に対する不安が生まれる

 

仕事をしていないため収入源がなく、貯金が減っていく、通帳を見ては不安が生まれてしまう。無職になれば体験できる貴重な感覚です。

 

デメリット2.社会的信用がなくなる

 

クレジットカードや銀行からお金を借りることが難しくなります。

本当に親しい友人であればお金を貸してくれる可能性もあると思うのですが、ほぼ借りることができる可能性はないと考えていいと思います。

 

デメリット3.行動が制限される

 

買いたいものが買えなかったり、食べたいものが食べれなかったり、旅行に行けなかったりなどします。

 

最悪の場合は移動手段をケチるようになり、タクシーや電車の代金を浮かすため歩いて帰る行為をしてしまうようになります。その結果1時間歩き体力と時間を減らし、必要な時間が取れないと言うことになっては本末転倒です。

 

場合によっては時間の方が価値が高いと言うことがあります。

 

デメリット4.時間があるが有効に使えず1日を無駄にする

 

無職の底なし沼のひとつです。

 

仕事をしていた時は自由な時間がなかったため、隙間時間でもスキルアップなどに使っていたが、無職になり1日の自由時間が増えてしまうとなにをやればいいか分からなくなり無駄に過ごしてしまう。

 

漫画やネット、SNSで1日を無駄に生活してしまったと悔やむ日が何度もありました。

 

デメリット5.孤独を感じてしまう

 

毎日が休日で暇人なので友人に連絡したりするのですが、もちろん友人は仕事で相手にしてもらえなかったりします。

そんな時に孤独を感じてしまったりします。

 

無職になって知ることができたメリットを書いていきます

実感

 

無職になって知ることができたメリットは、人間の根本的な幸せに近かもしれないと思っています。

それでは下記に記述していきます。

メリット1.自由な時間がある

 

寝る、食べる、お風呂に入るなどの日常生活でやらなくてはいけないことを除けば、自由な時間しかありません。

 

今後の仕事のために学ぶのもよし、会社で禁止であった副業を始めるもよし、時間が有り余るため新たなチャレンジをする絶好のチャンスになります。

 

このチャンスを逃してしまうと精神的にも肉体的にも衰えていく可能性がありますので、積極的に物事に興味を示して行動していきたいですね。

 

メリット2.お金やお得な情報に対して敏感になる

 

経済レベルが格段に落ちてしまうわけなので、脳内が節約志向に切り替わります。ここで節約志向に切り替えることができず前と変わらない生活を続けていればあっという間にお金が消えてしまいます。

 

そんな節約志向の脳になると、インターネットや町にある看板、スーパーの値札などに意識が向くため、お得な情報を見つけ出し自分なりに工夫して生活できるようになります。

 

フリマアプリや楽天のポイントを使用することで生活レベルを極端に落とさないようにできたりもします。

 

メリット3.物に対する価値観が変わる

 

前まで簡単に手に入っていた商品が買えなくなったりすると、今までに自分が手に入れてきたものの素晴らしさを改めて認識し、現在使用しているものを大切にするようになります。

 

ものを買う際に、今の自分にとって本当に必要なものなのか、そうでないのかを考えることができるようになりました。

 

メリット4.仕事があることは幸せだと感じられる

 

無職だと暇な時間があるがお金は減っていく、そこで仕事の大切さを改めて実感することができる。そのことから、仕事の大切さは「お金をもらうこと」と言う考えを改めさせられた。

 

お金も大切なんですが、空いた時間を労働によってお金に変換できることや仕事により自分が所属するコミュニティを得られることができます。

 

時間を無駄にせず、コミュニティを得ることで心の平安を確保できるようになります。

 

メリット5.人生を見つめ直す

 

無職になれば暇な時間が嫌というほどありますので、自分の人生を見つめ直すことができるようになります。新たな仕事について考えたり、今後どのようにして生きていくかなど、考え調べ知ることで仕事や人生について再定義できるでしょう。

 

無職こそ新たな自分に生まれ変わるチャンスではないかと思います。

 

メリット6.職場でのストレス、通勤のストレスがない

 

仕事をしていないわけですので、職場での人間関係はもちろんのこと満員電車などに乗ることもないためストレスを大幅にカットできるようになり精神的に楽になります。

 

ただ、仕事を辞めた時点である程度のお金に余裕がないとお金のストレスの比率が大きくなってしまいます。

 

最後に

何もない

今回は、私が知ることができたデメリット・メリットを淡々と記述してきました。

 

最大のデメリットである金銭的不安を最小化するべく、フリマアプリの使用やスマホの通信費を抑えたり、戦略的ミニマリストになったりパスタ生活をしてみたりと様々な手段を活用しながら楽しんでいます。

 

無職になったからこそ、お金や仕事、ものの大切さや生きていくことの楽しさを改めて実感しております。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました