簡単に痩せるにはどんな方法があるか?【サプリメントや薬を使わないダイエット方法を紹介!】

ランニングダイエットダイエット

簡単に痩せるにはどんな方法があるか?【サプリメントや薬を使わないダイエット方法を紹介!】

 

こんにちは、TK(@tkcompass_369)です。

 

 

 

おじさん
おじさん

痩せるにはどんな方法があるの?

 

「痩せるにはどんな方法があるの?」と悩む人が、この世には多く存在するかと思います。

 

簡単に痩せる方法として、サプリメントでダイエットサポートや薬で食欲抑制などと多岐に渡るのですが、1番ベストな方法は、お金をかけないで健康的な物を身体に取り入れることだと思います。

 

 

 

それを踏まえた上で、前回は簡単ダイエット法の「バナナダイエット」を紹介しましたが、今回は別の簡単ダイエット法を紹介したいと思います。

 

 

 

さっそく「おじさん」の悩みを解決していきたいと思います。

 

 

 

悩みの解決策として、サプリメントや薬を使わないで痩せる方法は「コーヒーダイエット」になります。

 

 

 

はい、コーヒーで痩せることがわかりましたので、今日から毎日コーヒーをがぶ飲みしましょう。今回のブログは以上となります。

 

 

 

すいません。冗談です(笑)

それでは、なぜ「ダイエット効果がコーヒーにあるのか」や「効果的な飲み方」などについて記述していきたいと思いますので、ぜひ最後までブログをご覧くださいね。

 

 

 

まずは私が太っていた時の悲し体験をかる〜く話させて下さい…

太っていた時の悲しい思い出…

何もない

25歳の夏の思い出です。

夏が近づいて来る季節には男女を問わず「ダイエットしなくちゃ」ってなる方が増えてくるかと思われます。

 

 

 

25歳の私は自分が太っていることにすら気付いてない状態でしたので、痩せようなんて思いもしていませんでした。

 

 

 

あの時までは…

 

 

 

友達に海に誘われて行ったことが悲劇の始まり(自分がデブだと気付いた)です。

 

 

 

ビーチにいる人たちはみんな引き締まった綺麗で健康的な身体、それに対して私はと言うとアルコールで鍛えたビールっぱら!

 

 

 

真夏のビーチで男女が楽しそうに騒いでいるなか、腹がでたお腹を目立たせない様にうつ伏せになり、日陰のテントから楽しそうにしている男女を眺めること3〜4時間…

 

 

 

「悲しです!」

 

 

 

それが私の太っていた頃の悲しい思い出のひとつです。ご静聴ありがとうございました。(笑)

さて、続けて下記に「コーヒーダイエットとは何か?」について記述していきます。

コーヒーダイエットとは?

考える女性

「コーヒーダイエット」とは、ブラックコーヒーを飲むことで脂肪燃焼の効果を高めてくれる方法となります。もちろん、砂糖やミルクがたっぷりと入ったコーヒーはオススメしません。

 

 

選ぶのは、ブラックコーヒー1択です。

 

 

 

他にプロテインも同時に摂取できる「カフェテイン」やコンビニなどでも売っていた(今も売っているかわからない)「バターコーヒー」などもありますが、私自身が長期的に痩せるかどうか試してないので、今回はオススメはしていません。

 

 

コーヒーがダイエットに効果的なのはなぜ?

コーヒーを飲みながら何か考え事をする男性

コーヒーのダイエット効果を↓下記に記述しました。

効果①:脂肪燃焼効率をあげる

効果②:基礎代謝向上しエネルギー消費をあげる

効果③:デトックス効果で老廃物排出

効果④:コーヒー特有の香りで自律神経を高める

 

カフェインとクロロゲン酸

 

コーヒーには脂肪燃焼効果のあるカフェインとポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が含まれています。

 

 

 

カフェインは交感神経を刺激して血管を収縮させ、利尿を促す効果(デトックス)や脂肪酸増加による呼吸量と発熱作用による皮下脂肪燃焼効果があります。

 

 

 

クロロゲン酸は糖質を分解する酵素を阻害する効果があるので、糖質の吸収を緩やかにし余分な脂肪を溜め込まないようにする効果があります。また、脂肪燃焼を促す効果があります。

 

 

 

また、コーヒー豆は深煎りより浅煎りの方がクロロゲン酸の含有量が多いため、よりダイエット効果が期待できます。

 

カフェインレスコーヒーにもクロロゲン酸が入っているため痩せる効果は期待できます。

 

コーヒーの香り

 

コーヒー特有の香りが自律神経の活動を高めてくれるため痩せる効果があることと、単純にダイエット中のストレスをコーヒーアロマで癒してくれます。

 

癒されますよ〜(笑)

 

効果的な飲み方とは?

コーヒー

効果的な飲み方は「食前に1杯」飲むことが胃酸の分泌を促進してくれるので良いかと思います。ただ、人によっては食後に飲む方が食欲を抑えることができると言う人もいたりするので…

 

 

 

また、脂肪燃焼効果もあるので運動をする前に飲むとかなりの効果が期待できます。

 

 

 

できれば、アイスコーヒーよりホットコーヒー(身体を冷やした状態より温めた状態の方が発汗性が良い)を飲んでください。

 

飲みすぎはデメリット

モザイク無職

デメリットを書いていきます。

眠れなくなる

 

コーヒーを飲むことで起きる代表的なデメリットですね。カフェインに弱い方はコーヒーを多く摂取するのは控えた方が良いですね。

 

 

 

カフェインレスコーヒーを飲んでみてください。

トイレに行きたくなる

 

カフェインによる利尿作用が働くためトイレが近くなってしまします。あと、脱水症状にならないようにこまめに水分も補給することが大切です。

 

歯が黄色くなる

 

コーヒーに含まれる「タンニン」が歯を黄色くさせます。飲みすぎ注意です。

 

精神的に変化する

 

カフェインは神経作用するため、飲みすぎると神経が乱れてしまいイライラやうつ病の悪化、不安感を覚えたりパニック障害の悪化が見られるそうです。

 

最後に

子供

今回は私が好きなコーヒーのダイエット効果について記述しました。

 

 

 

しかし、ダイエット以外にもコーヒーにはまだまだすごい効果が隠されているので、また次の機会にみんなと共有していこうと思っています。

 

 

 

それでは、TKでした。

 

追伸(PS)

コーヒーを飲めば必ず痩せると言うわけではないので、しっかりとした睡眠、運動を習慣にしてくださいね。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました