自分を劇的に成長させる方法【誰でも可能】

シャーライフハック

こんにちは、TK(@tkcompass_369)です。

 

少ない時間で、しかもお金を使わずに自分自身をアップデート(自己成長)する方法があったとしたらあなたはどうしますか?

 

そんなうまい話があれば、ちょっとだけでも話を聞こうかな〜って思いますよね?

断言しましょう!あります。

 

答えは「筋トレ」になります。

 

なんだ筋トレか…

でも、筋トレで劇的に変わるって大袈裟じゃないの?

時間とお金がないと筋トレも続かないんじゃない?

 

上記の疑問について答えていこうと思います。

記事には劇的に変わると書いてますが、1日で劇的な変化が起こるわけではありません。

 

毎日ではないですが、続けていくことを前提として話を進めていこうと思います。

筋トレで何が変わるのか?

考える女性

筋トレは身体的変化だけではなくメンタルにも効果があります。また、トレーニングをすることが健康を維持することとなり、病院に行くことも減るため時間やお金に対しても効果が期待できます。

具体的に変化内容をつらつらと記載していきますね。

 

基礎代謝向上

 

筋トレをすると筋肉量が増えていき、筋肉量にともなって基礎代謝も向上します。

 

眠っているときなどにも体内の生命活動を維持するために呼吸や心拍、体温維持などが行われています。基礎代謝はこれらの活動で消費される必要最低限のエネルギー消費のことです。

 

基礎代謝を向上させると痩せやすく太りにくい身体を作ることができます。

 

身長163センチで体重78キロの私が筋トレを始めて、現在では69キロまでに痩せました。しかし、私の標準体重は55キロのためまだまだなんです。

 

冷え性やコリを改善

 

冷え性やコリの原因は血流の滞りになります。筋トレをすることで身体の中の毛細血管が発達し、血流が改善することで暖かいい感覚を手に入れることができます。

 

小学生のときは冬でも半袖半ズボンで遊びに出かけていたのですが、そのときは寒さを感じることがなかった記憶があります。ただのやせ我慢野郎ですね。

 

生活の質が向上する

 

年齢を重ねるごとに筋力は低下していきます。使わない包丁が錆びていくのと同じです。

 

階段の上り下りや姿勢の維持、立ったり座ったり日常の動作の質を低下させないためにも筋トレは習慣化するべきです。

 

人生100年時代と言われる今、生活の質を向上させる武器が筋トレになります。

 

メンタルマッチョになる

 

筋トレによって分泌されるホルモンの効果によってメンタルも鍛えられていきます。また、うつ病改善にも効果大。

 

私自身が感じた効果としては、ポジティブ思考になったり行動力が身に付いたと思っています。

筋トレ

 

実際に身体で何が起きているのか、それによって細かい変化についても下記に記述していきます。

 

成長ホルモン分泌

 

身体の細胞を合成促進し、骨や筋肉を作り、脳の疲労回復や病気への抵抗力をつけることにもなります。脳を酷使する仕事の方には脳の疲労を回復する筋トレはベストですね。

 

テストステロン分泌

 

骨や筋肉の強度の維持、動脈硬化やメタボリックシンドロームの予防、精神安定、記憶力・集中力アップ、やる気や闘争心の向上になります。

 

何か物事に取り組むとき、筋トレをすることでやる気を出すことができますね。

ちなみに別名はやる気ホルモンだそうです。

 

セロトニン分泌

 

セロトニンは心を落ち着かせ、安定させる効果があります。脳を最適な覚醒状態にすることや痛みの調整もします。不足すると緊張や焦り、不安が起こり、気分障害や精神疾患が発症することもありますよ。

 

ドーパミン・βエンドルフィン・アドレナリン

 

これらのホルモンは多幸感や気分の高揚、恍惚感、陶酔感、ストレス軽減、免疫力強化、興奮などを起こしてくれます。

実感

筋トレホルモンの効果なのかはハッキリと分かりませんが、私自身が筋トレを1年前から始めて実感した効果を書いていきます。

 

成功体験が手軽に得られる

 

毎日決められたトレーニングメニューをクリアすることで、達成感をお手軽に得ることができますし毎日の積み重ねで「今日も筋トレ達成した」という成功体験と自信が身についた。

 

計画的になった

 

筋トレするにはメニューを考えます。例を言うと、「今日は腕中心に鍛えてみよう」、「先週より回数を増やしてみよう」だとか、その積み重ねによって筋トレ以外でも細かく計画を立てるようになった気がします。

 

健康的な食生活を意識するようになった

 

筋肉のためにと言うわけではないのですが、筋トレ系YouTuberを見たり雑誌などを見ていると、筋肉と食事はきっても切り離せない関係にあるので意識せざる得ないです。

 

お金がない

おじさん
おじさん

時間もない、ジムにいくお金もないから筋トレはできないよ

これはただの言い訳です。

ジムにいけば適切な指導や器具が揃っているため効率はいいと思います。しかし、ジムにいくお金がない、時間がないで筋トレをやらないのはもったいないことだと思います。下記に私が実践している筋トレメニューを記述しておきます。

 

無理なくできる筋トレメニュー

 

基本メニューとして

腹筋40回、クランチ30秒、腕立て伏せ20回

本格的に筋トレをやっている方には申し訳ないメニューですが、今の私にはこれがベストだと思っています。曜日によってスクワットをおこなったりなどの変化をつけつつ継続しています。あえて基本メニューなので…

 

どうですか?これなら続けていけそうですよね?しかも、時間は数分だけです。(笑)

 

 

私が筋トレを始めた当初は腕立て伏せが1回だけの日もありました。このことを周りに話すと馬鹿にされましたが、何よりも継続していくことが大切だと思ったので、悔いはなく、「今日も筋トレできた」と言う謎の達成感で満たされていました。

 

「筋トレチャレンジ!1回でもできればオッケー」的な気分でやりましょう。

 

最後に

夕焼

今回は以上となります。

 

 

最後に、筋トレをするかしないかでは、人生に与える影響はものすごく違うと感じています。

筋トレをする人はやらない人より収入が高いと言う話もあるくらいなので、騙されたと思ってトレーニングを初めてみてはいかがでしょうか?

 

 

それでは、TKでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました