【コーヒーの基礎知識】コーヒー豆の構造は?カスカラについても解説

コーヒー豆珈琲

【コーヒーの基礎知識】コーヒー豆の構造は?カスカラについても解説

 

こんにちはTK(@tkcompass_369)です。

 

今回はコーヒー豆の構造とカスカラについてです!

 

コピ
コピ

コーヒーの生豆を土に植えて栽培してみようかな!

 

TK@南国369
TK@南国369

コーヒーはパーチメントの状態で苗床に撒かないとダメだよ。

 

コピ
コピ

なんやそれ?

 

TK@南国369
TK@南国369

コーヒーの種子を包んでいる皮のことなんだ。

 

コピ
コピ

なるほど!生豆を剥いて更に奥の実を植えれば良いんだね。

 

TK@南国369
TK@南国369

いや、そうじゃないんだ。

とりあえずコーヒー豆の構造について説明するね。

 

コーヒー豆の構造は?

コーヒー豆

パーチメント

 

TK@南国369
TK@南国369

パーチメントはコーヒの種子を包んでいる茶褐色の硬い皮だよ。

コピ
コピ

上の画像のパーチメントはオレンジ色だね。

絵が下手くそだからか?

 

TK@南国369
TK@南国369

コーヒー豆の絵は下手くそだけど気にしないでくれ…

それなりに頑張って描いたんだよ

 

コーヒー豆は外側から外皮果肉パーチメントシルバースキン胚乳センターカットの順になっています。

 

 

 

 

また、パーチメントは内果肉とも呼ばれ、シルバースキンは銀皮とも言います。そして、皮を被ったままのコーヒーをパーチメントコーヒーと呼びます。

 

コピ
コピ

皮が何層にも重なっているんだね。

 

TK@南国369
TK@南国369

私たちが飲むコーヒーは生産者が丁寧に外皮や果肉を除去してくれるんだ。

コピ
コピ

生産者さんに感謝だね!

 

コーヒーの果肉は食べられる?

 

コピ
コピ

コーヒーの果肉は食べることはできるの?

 

TK@南国369
TK@南国369

食べれるよ!

コピ
コピ

食べてみたい。

 

TK@南国369
TK@南国369

乾燥させた果肉なら売っているよ。

乾燥させた果肉はカスカラって言うんだ。

 

カスカラとは?

 

カスカラとは、コーヒー豆の外側の果肉と皮を乾燥させたのもで、お湯や水だしでこして飲むことからコーヒーチェリーティーと呼ばれています。

 

 

 

さらに、コーヒーの葉っぱを使用したコーヒーリーフティーも存在します。

 

 

 

このコーヒーリーフティーには脳を活性化させてくれるトリゴネリンという成分が入っており、カフェインも入っていないため健康にかなり良いと注目されています。

 

カスカラを使ったシロップ

カスカラシロップ

カスカラを使用した「カスカラシロップ」なるものを手に入れてきました。

 

 

 

 

カスカラシロップをレモン風味のトニックウェオーターで割って頂きました。味はコーヒーと言うよりも杏子に近い味わいで、夏に飲む飲み物としてピッタリではないかと思います。

 

 

 

 

ちなみに、このカスカラシロップは「海ノ向こうコーヒー」さんが販売しているものを購入いたしました。

 

コピ
コピ

いいなぁカスカラシロップ。

 

TK@南国369
TK@南国369

牛乳に入れてもコーヒーに入れても美味しかったよ。

原液を水で割ったやつに、氷を入れて飲んでもよかったな!

 

おわり

珈琲焙煎所 旅の音

今回はコーヒーの勉強を兼ねて↑上記お写真の「珈琲焙煎所 旅の音」さんで「海ノ向こうコーヒー」さんのカスカラシロップを購入いたしました。

 

 

 

興味のある方は「珈琲焙煎所 旅の音」で美味しいコーヒーを味わいに行ってみてください!

 

 

 

それでは、TKでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました